新しいコンポーネントを定義する

基本のコンポーネント記法

コンポーネントはUIの構成要素です。Reactでは、コンポーネントを組み合わせてUIを作ります。コンポーネントには表示系のだけでなく処理も記述します。まずは基本のコンポーネントの書き方を覚えましょう。

Stateless function componentの書き方を基本として使います。

初期状態のコード

JavaScriptエリアに下記のコードを書きましょう。

const App = () => (
  <div>Hello React!</div>
);

const render = () => ReactDOM.render(<App />, document.getElementById('app'));
render();

簡単な修正

App内で定義されている<div>はHTMLの記法と似ています。これはJSXと言ってXMLであり正確にはJavaScriptに変換されるものです。 <div>以外にもいくつかのタグが使えるので試してみましょう。 例えば、<h1><p>などに変更してみましょう。

ReactDOMについて

JavaScriptの最後の2行は、Reactコンポーネントをブラウザに描画するためのものです。 この部分を修正することはないので、そのまま最後の2行として置いておきましょう。

Helloコンポーネントの定義

Reactのコンポーネントは再利用可能なパーツです。 例えば、Helloと言うテキストを表示するコンポーネントを新しく定義してみましょう。

コンポーネントは大文字で始まる名前にします。HTMLのタグと区別するためです。 今回はHelloというコンポーネントを定義しましょう。

const Hello = () => (
  <div>Hello</div>
);

このような感じになります。 コンポーネントは一つのdivで作りその中に要素を入れることを基本とします。

Helloコンポーネントを使う

コンポーネントを使うには、他のコンポーネントで読み込む形になります。 すでにあるAppコンポーネントからHelloコンポーネントを使ってみましょう。

const App = () => (
  <div>
    <Hello />
  </div>
);

ここで注意することは、XMLの書き方です。XMLはHTMLと違い必ず閉じタグが必要になります。 <Hello /><Hello></Hello>の省略記法です。

「Hello」のみが表示されましたか?

コンポーネントを定義する位置

今回の実行環境では、コンポーネントの定義はどの順序で書いても動きます。

しかし、今後のために、コンポーネントの定義は 使う位置より上に書くようにするとよいでしょう。 つまり、Helloコンポーネントを定義してから、 Appコンポーネントを定義するのがよいです。

実際の開発では、コンポーネントをファイル毎に定義することが多く、 それをexport/importして使うことになります。

本レッスン後のソースコードの状態

const Hello = () => (
  <div>Hello</div>
);

const App = () => (
  <div>
    <Hello />
  </div>
);

const render = () => ReactDOM.render(<App />, document.getElementById('app'));
render();

オプション課題

  1. さらに新しいコンポーネントを作ってAppに追加してみよう
  2. Helloコンポーネントの中身を複数のタグを使って表現してみよう
  3. さらに新しいコンポーネントを作ってHelloに追加してみよう

results matching ""

    No results matching ""