コンポーネントにスタイルをつける

HTMLでCSSを使ってスタイルをつけるように、コンポーネントでも同じことができます。 ReactではInline stylesという方法でスタイルをつけることができます。 CSSをclass名指定でつけることもできますが、ファイルが分かれてしまうこと、名前の衝突の問題があることから、コンポーネント指向においては必ずしもよい方法ではなくなっています。

Helloコンポーネントの文字色を変える

手始めに先ほど作ったHelloコンポーネントの文字を赤色に設定してみましょう。

const Hello = () => (
  <div style={{ color: 'red' }}>Hello</div>
);

赤文字になりましたか?

この記法は慣れるまで注意が必要です。{}が二重になっていますがそれぞれ意味が違います。

試しに、スタイルの定義を外出ししてみましょう。

const helloStyle = { color: 'red' };
const Hello = () => (
  <div style={helloStyle}>Hello</div>
);

helloStyleの{}は一般的なJavaScriptのオブジェクト定義のものです。 一方、<div>内の{}はReactの記法であり内部にJavaScript表現を書けるようにするものです。

JavaScriptオブジェクトによるスタイルの定義

上記の

const helloStyle = { color: 'red' };

は、CSSとは異なるため注意しましょう。

オブジェクトのキーの部分は、camel caseで書きます。 例えば、CSSのmargin-leftmarginLeftとなります。

オブジェクトの値の部分は、通常文字列で書きます。 上記のように'red'となります。 ただしpx指定の場合は、数値で代用することもできます。

結果として、例えば次のように書くことができます。

const helloStyle = {
  color: 'red',
  marginLeft: 100,
};

inline stylesを使わない場合

従来のCSSを使うこともできます。その場合の注意点は、classの代わりにclassNameを使うことです。これはXMLによる制限です。

const Hello = () => (
  <div className="hello">Hello</div>
);

CSSをどのように読み込むかはHTMLファイル側の問題であり、 基本的にはReactとは関係ありません。

本レッスン後のソースコードの状態

const Hello = () => (
  <div style={{ color: 'red'}}>Hello</div>
);

const App = () => (
  <div>
    <Hello />
  </div>
);

const render = () => ReactDOM.render(<App />, document.getElementById('app'));
render();

オプション課題

  1. Helloコンポーネントの背景色を設定してみよう
  2. 文字のサイズを大きくしてみよう
  3. スタイルを外部定義して複数のコンポーネントに共通のスタイルを適用してみよう

results matching ""

    No results matching ""