フォームを定義する

コンポーネントで表示系ができるようになったら、入力系に移りましょう。 ボタンやテキストボックスなどのフォーム部品を表示してみましょう。

ボタンを表示する

ボタンを表示するMyButtonコンポーネントを作ります。

const MyButton = () => (
  <div>
    <button>Click Me</button>
  </div>
);

このボタンをAppで読み込みましょう。 慣れてきている場合は、すべてを置き換えることなく、1行追加するだけでやってみましょう。

const App = () => (
  <div>
    <MyButton />
  </div>
);

ボタンが表示されましたか?

ボタンのイベントを受け取る

ボタンをクリックした場合のclickイベントを受け取りましょう。 これにはonClickを指定します。 簡単のためalertでメッセージを表示します。

const MyButton = () => (
  <div>
    <button onClick={() => alert('clicked')}>Click Me</button>
  </div>
);

この記法も戸惑うかもしれませんが、アロー関数でイベントハンドラーを定義しています。

ボタンを押したら、alertが表示されましたか?

テキストボックスを定義する

テキストボックスの表示は、ボタンとほぼ同様です。

const MyBox = () => (
  <div>
    <input type="text" />
  </div>
);

Appコンポーネントも修正しましょう。

const App = () => (
  <div>
    <MyBox />
  </div>
);

テキストボックスが表示されましたか?

テキストボックスを制御する

Reactの魅力の一つとして、フォームの値の制御が柔軟にできるということがあります。いわゆるフォームのバリデーションが、任意のコードで書くことができます。

まず、テキストボックスのテキストデータを保持する方法が必要です。 本来であれば、stateやstoreといった保持方法を用いるとよいですが、 ここでは簡単のためグローバル変数を用います。

let textData = '';
const setTextData = (event) => {
  textData = event.target.value;
};
const MyBox = () => (
  <div>
    <input type="text" value={textData} onChange={setTextData} />
  </div>
);

残念ながらこれだけでは動きません。データを変更しても自動では再描画されないためです。two-way data bindingではないからです。

試しに実行して、テキストボックスに文字を入れようとしてみてください。

期待通りに動かすために JavaScriptコードの最後の方に定義されているrender()をtextデータが更新されるたびに呼び出します。

const setTextData = (event) => {
  textData = event.target.value;
  render();
};

さて、これでフォームが正常に機能するはずでず。

ここで、event.target.valueというものが出てきましたが、これはDOMの記法です。Reactを用いるとDOM操作は基本的に行いませんが、DOMの基本は多少理解しておく必要があります。イベントハンドラにはDOMイベントが引数で渡されます。参考

バリデーションを行う

テキストボックスの文字数を制限するバリデーションを追加してみましょう。 ここは、Reactの知識はほぼ不要で純粋なJavaScriptになります。

const setTextData = (event) => {
  textData = event.target.value;
  if (textData.length > 10) {
    textData = textData.slice(0, 10);
  }
  render();
};

動作を確認しましょう。10文字より多く入力できないようになっていますか?

本レッスン後のソースコードの状態

const MyButton = () => (
  <div>
    <button onClick={() => alert('clicked')}>Click Me</button>
  </div>
);   

let textData = '';
const setTextData = (event) => {
  textData = event.target.value;
  if (textData.length > 10) {
    textData = textData.slice(0, 10);
  }
  render();
};
const MyBox = () => (
  <div>
    <input type="text" value={textData} onChange={setTextData} />
  </div>
);

const App = () => (
  <div>
    <MyBox />
  </div>
);

const render = () => ReactDOM.render(<App />, document.getElementById('app'));
render();

オプション課題

  1. ボタンを複数配置してみよう
  2. バリデーションで20文字まで許可するように修正してみよう
  3. [難問] バリデーションで、数字を使えなくし、小文字を大文字に変換してみよう

results matching ""

    No results matching ""